ロケーション

 flydianeweb.jpg

 

 

フィリピン最南端 マニラから約2時間 セブから約1時間

Map01.JPG

 

フィリピン3大都市圏の一つ、人口約280万人のダバオ都市圏にある国内最大のリゾート都市がサマル島(アイランドガーデン市)です。

ダバオ市からボートで10分、世界で唯一、大都市圏に大自然の残る奇跡の楽園となっています。

メトロダバオ_01.JPG

サマル自然_01.JPG

 

 交通

ダバオ市のフェリー乗り場からフェリーで15分、そこからサマルアイランド市庁まで15分、市庁舎から約10分です。

サマル島とダバオ市を結ぶ橋の工事は2025年完成予定となっており、橋が完成するとダバオ市から車で15~20分で霊園に行くことが出来るようになります。

 

map2.JPG

 

 Snapshot(3).jpg

 島内には100を超えるビーチや34箇所のリゾート施設があり、ギネス登録のフルーツコウモリの洞窟や2千個のシャコガイ群生区、24ヘクタールのサンゴ群,ウミガメ産卵保護区、ジュゴン保護区などがあり、世界の大都市圏では見られない自然豊かなフィリピン国内最大のリゾート都市となっています。

 

coralweb.JPG

 

mangloveweb.JPG

 

batcaveweb.JPG

 

takloboweb.JPG

 

 jyugonweb.JPG

 

 サマルアイランド(アイランドガーデン市)観光局のプロモーションビデオ

 

 

 

サマルアイランドの前面にあるフィリピン第三の都市人口160万人のダバオ市は戦前に日本人が開拓し発展してきた街で世界一親日の都市です。

治安も良く世界ランキング上位に何度もランクインしています。

 

davaosafe1.jpg

 

 

 過去100年間に台風や津波などの記録もなくリタイアメント移住先、避暑、避寒としての人気だけでなく自然災害時の一時避難場所としても注目され始めています。

フィリピン最高峰のアポ山を背後に控え空気や水(世界保健機構ランキング世界第2位)がきれいなことでも有名で水道水も美味しくいただけます。

年中温暖で台風が来ないため農業が盛んで特にフルーツはバナナやパイナップルだけでなく果物の王様ドリアン、女王マンゴスチンなど種類も豊富でダバオ市は別名フルーツ王国と呼ばれています。

 

fruiteweb.JPG

 

 

 

 下記ビデオでは親日度は世界でも群を抜いているのがご覧いただけます。

 

安倍総理ダバオ市へ初訪問時のビデオ

首相官邸動画より

 

お電話でのお問い合わせは

フィリピン(日本人専用受付電話番号)  +63 946-075-8328 担当 大橋

日本 073-456-4758(NPO事務所)